気を付けないといけないミノキシジルの副作用

リアップやロゲインなどに配合されているミノキシジル。もともとは血圧の高い人のために血管を拡張させる薬として開発されました。

血管を拡張するのが発毛効果があったというわけですが、この薬は循環器系の副作用が出る人が、かなりの確率でいらっしゃるとのこと。

せっかくの発毛効果も、副作用があるのでは台無しですね。

内服効果もあり、育毛剤だけではなく、病院で処方されることもあります。

ただ、副作用のあるミノキシジルよりも効果が認められるキャピキシルという成分を含んだ育毛剤が出てきているので、そちらを利用したほうが得策かも知れないですね。

キャピキシルは天然成分由来なので副作用がないのところが評価されています。